11月の季語を用いた時候の挨拶とは

11月といえば、肌寒くなってすっかり秋も深くなった頃です。この季節には、そのような状況を感じさせるような季語を使って時候の挨拶を書き出すのが赴き深いでしょう。例えば、書き出しの文例として、晩秋の候、深秋の候、暮秋の候、霜秋の候、向寒の候、冷雨の候、霜寒の候、などがあります。いずれも、肌寒い秋にはぴったりの書き出しです。例文としては、深秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます、などのように使うと良いでしょう。ほかにも、季語にあてはめるのではなく、季節を感じさせるような柔らかな表現もあります。朝夕冷え込む季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか、といった書き出しの仕方でも赴き深いです。その他に、日増しに寒さが加わって参りました、日に日に秋が深まる季節となりました、遠くの山々も澄み切った青空に映える季節となりました、などのようにそのときの気温や気候を描写する書き方です。また、こたつが恋しい季節となり、などのように人間の感覚に置き換えて季節を表現するという方法もあります。これも赴き深いです。また、季語を使った時候の挨拶は至極一般的ですが、このような表現で始まる挨拶はあまり多くはありません。受け取る方の目を引くことは間違いありません。例文としては、いつの間にか吐く息が白くなり、などのような表現があるでしょう。一口に時候の挨拶といっても様々な表現の仕方があります。自分らしいものを見つけたいものです。

11月の時候の挨拶

11月の季語

秋の季語の一覧【9月・10月・11月】

このページの先頭へ