今年の漢字について

毎年清水寺で行われているという今年の漢字、ニュースなどで情報が飛び交うため私も目にする機会が多いのは多いのですが、なにぶん年末の忙しい時期なだけに意外とスルーしがちなものでもあります。 私は初め清水寺の住職がかってに今年の一年を総括しているもの、流行語大賞的なものだと考えていたんですgあ、これってきちんとした団体が公募で集めてかあ発表されているらしいんです。 その取りまとめをやったいるの漢字能力検定協会名づ団体で、国内にある検定の中でも就職の時の英検とかと同じように資格の欄に書き込むことができます。 小さい頃漢字のテストで頑張って毎回満点を取りに行ってたのを思い出す漢字検定、あの時受けてみても面白かったかもしれない。。。 んで今年の漢字に話を戻しますと、この歴史はあまり深くなくて1995年からスタートしたものなんです。 一覧で見てみるとうnまぁなんとなくそんな感じの年だったと思えるような感じが選ばれていることから、それなりに楽しみなものでsもあります。 阪神の大地震の時も「震」という字が選ばれて、東日本大震災の時は「絆」が選ばれたことに個人的な意見を言わせてもらうと、前向きにならなくてはならない意思を感じさせる東日本大震災だったんだなと思いました。 2013年の今年の漢字もまもなく発表されると思うんですが、今年はなんといっても東京五輪が決まったというのが一番の出来事である事は間違いないと思うので「輪」なんてのが選べれるんじゃないかと勝手に予想しています。

今年の漢字のまとめ

今年の漢字 2013年今年の漢字一覧

このページの先頭へ