11月の時候の挨拶について

時候の挨拶そのものは、手紙やビジネス文書などで多く扱われる機会があり、知っておくと社会人として何らかの挨拶文を書くときなどに役立ちます。11月の時候の挨拶の季語には、晩秋や落ち葉、向寒などという季語が使われる事が多く、秋の終わり頃を伝えるような文章が使われたりすることが多く、もっとくだけたものになると、こたつの恋しい季節というような、冬の訪れを思わせる文章が多く使われる構造となっています。これは、日本古来から大切にされてきた季語を用いる事で、相手方に挨拶を含めながらも、その時期の気候などについて語りかけるというような文章の使い方で、うまく使う事で、年齢層などにこだわる事のない、ビジネスらしい手紙を構成させられるものでもあり、知り合いとしての結びつきが浅い関係にある方や、目上の方などに対しても使用する事ができ、失礼のない文章を心がけた方が良いと判断のできる相手などにも使われます。こういった時候の挨拶を使う時には、まずはどのような時期かという文章が入り、その後、相手側が企業であれば、「ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」というような言葉で閉める使い方をする事が多く、請求書などを作成した際に、あいさつの一文としても使われるものになり、例えば11月に発行した請求書であれば、このような例文を頭につけ、その後の文章で、本件の話などについての事を記載するのが一般的です。また、結びの文というものもあるので、それも同時に学び、記載を心がけておくと印象の良いビジネス文書を書き上げる事ができます。

11月の時候の挨拶

11月の季語

秋の季語の一覧【9月・10月・11月】

このページの先頭へ