10月の時候の挨拶・季語について

10月に入ると残暑も和らぎ、朝晩は肌寒く感じるようになります。日中は涼しく爽やかで、絶好の行楽日和です。夜には虫の声も聞こえるようになり、いよいよ秋本番といった季節です。たわわに実った果物の収穫や、鮮やかで美しい紅葉狩りなど、楽しみの多い季節でもあります。 これらのことを踏まえ、10月に手紙をしたためる際には、冒頭にそれに相応しい時候の挨拶を加えます。以下に例を挙げますと、「…の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」「…のみぎり、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」などなど。「…の候/みぎり」の部分には、上旬であれば、仲秋・爽秋・清秋、中旬であれば、秋冷・秋麗・菊花、下旬であれば、秋霜・錦秋・紅葉などの季語が入ります。 季語を用いないで、もっとやわらかな表現を使用するとすれば、「味覚の秋、芸術の秋となりましたが」「秋晴れの爽やかな季節となりましたが」「野山もすっかり色づき始め」「菊薫る時節となりましたが」「秋風が肌身に染みるこの頃ですが」などなど、季節の特徴を織り交ぜた一文を添えます。 手紙の結びには、特に季語を入れる必要はありませんが、「深まる秋に朝晩冷えてまいりました。くれぐれもお身体ご自愛下さい。」「お身体に留意なさって、実りの多い秋を過ごされますように。」「もうじき初霜も降ります。お風邪など召されませぬよう。」など、相手を気遣う一文を添えるようにします。

10月の時候の挨拶の例文

10月の季語

秋の季語の一覧【9月・10月・11月】

このページの先頭へ