11月の季語を交えた時候の挨拶を行うには

11月の季語をよく知っておくことで、時候の挨拶の際にそれらを交えた季節感のあるものにすることができるようになります。手紙などの文体として考えたときにこれらのかしこまったものは難しいということで敷居の高さを感じてしまうというような状況はよくありますが、実際にはそこまで難しいものではなく気楽に行っても問題ないものです。単純に少し言葉を加えながら挨拶の出だしを書くようにすれば、とりあえずの形をとることができます。こうしなければならないというようなものではないので、シンプルなものから凝ったものまで幅広く自由に作っていくことができます。シンプルな季語を交えて時候の挨拶をするのならば、霜秋の候いかがおすごしでしょうか、というように簡潔な文章でも十分その時期であるということが伝わります。季語を交えていくメリットは、それを書いた時期がいつなのかということを読み返した時に思い出せるということです。友人などから来たはがきでそうした言葉があれば文面からいつの内容だったのかというような記憶を呼び起こすということが可能になります。より印象的なコミュニケーションをするための装飾としてとらえていけば、必ずこのようにしないとという強迫観念で行わずに済みます。11月ならば、七五三のようなものでもよいのです。家族や自分に係ってくる言葉にしていけば、それはそれで近況などについても言葉の端々から伝えていくことができ、簡潔な文体となります。

11月の時候の挨拶

11月の季語

秋の季語の一覧【9月・10月・11月】

このページの先頭へ