手紙で日頃の感謝を伝えよう

手紙を書くと言う人が最近ではあまりいません。確かにメールや電話などの連絡手段と違い、手紙は手間もかかりますし届くまで時間もかかります。その為あまり利用する人も少なくなっています。ですが受け取る側は書いた人の気持ちが伝わりとてもうれしく感じるものです。手紙を書く時には一言季語を交えた時候の挨拶を添えるといいです。例えば12月ですと冬の始まりで寒さが厳しく感じる頃です。初冬や霜枯、寒冷や霜氷と言った寒さに関する季語が適切です。また12月も半ばに近付くと師走や年末、歳晩という年の終わりの季語を使い、お世話になった事への一年の挨拶にするのもいいです。時候の挨拶は目上の方には丁寧な改まった言葉を使うといいですが親しい方にはカジュアルないい方でも大丈夫です。丁寧ないい方だと霜夜の候、のような言葉使いが良いですが、親しい方には寒くなって鍋がおいしいですね、と言った感じでも十分伝わります。また文章の結びにも季語を取り入れた一文を添えるといいです。12月だとよいお年を、と言った一年の感謝と無事に新しい年を迎えて欲しいと言う気持ちを込めた言葉をいれましょう。12月は手紙以外にもお歳暮などのやり取りもあります。その際にも一文を添えたり、時候の挨拶を入れたお礼状を出すと相手方にも気持ちが伝わります。文章を自分で書いて渡すと言う事はなかなか機会がありません。年末は一年の挨拶と日頃の感謝を伝えるいいタイミングです。お世話になった方にお手紙を書いてみるのもいいです。

12月の時候の挨拶

12月の季語

冬の季語の一覧【12月・1月・2月】

このページの先頭へ