12月の時候の挨拶について

最近ではネットが普及したことにより手紙のやり取りをする人は減ってきています。だからこそ、きちんとマナーにのっとった手紙をもらうと嬉しく感じる人は多いのではないでしょうか。また、プライベートでは滅多に手紙を書かないという人も、ビジネスシーンで手紙を書く機会があるかもしれません。時候の挨拶や季語を取り入れた手紙を書けるというのはビジネスマナーとして押さえておくべきポイントです。また、これらはお礼状などを書く際にも必要になります。まず、手紙の基本構成は「拝啓」といった頭後がありそれに時候の挨拶が続きます。これを前文と言います。その次に主文が続き、結びのごなどにあたる末文で締めくくります。12月の場合、季語は「初冬の候」「師走の候」「歳末の候」などがあります。時候の挨拶としては、「初冬の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます」や「歳末の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます」といった表現があります。ある程度はパターン化された挨拶の文ですが、相手によっては自分の言葉に置き換えて季節感を表現するのも良いでしょう。その場合の例としては、「厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」や「師走を迎え何かと忙しい日々かと思いますが、おかわりありませんか」といったものがあります。中旬、下旬が近づくにつれて新年や年末を意識した挨拶にするとより季節感が出て良いでしょう。

12月の時候の挨拶

12月の季語

冬の季語の一覧【12月・1月・2月】

このページの先頭へ