10月の時候の挨拶は秋を表現する季語を使用

10月は日中の気温が暑くもなく寒くもないので、何をするにも快適な季節です。そして秋の夜長に手紙をしたためるというのも風流です。まず10月に使用される季語をいくつか挙げていきますと、仲秋の候もしくは爽秋の候、清秋の候など「秋」という言葉が入ってきます。それに加えて秋冷の候や秋霜の候など、朝夕は気温が低下して冬の足音が少しずつ聞こえてくるような季語が使われることもあります。ほかには菊花の候や紅葉の候というように、花や木々の様子を表現したものも美しい響きがあります。次に時候の挨拶ですが、前述のように気温が人間の体にとってちょうど良いため、旅行に出掛けたりイベントに参加することが増えてきます。そのため手紙の書き出しとして「絶好の行楽日和」というフレーズが使われます。そこから、どこか旅行へ出かけたのか尋ねたり自分が体験したイベントなどを報告すると手紙が書きやすくなります。また、子どもがいる家庭では運動会に参加をしたり、スポーツ大会へ出場することがあるでしょうから「スポーツの秋」という言葉を交えて書きだすのもひとつの手です。他には空や虫の様子を描くと秋を表現しやすく「澄みきった空」や「秋の夜長に虫の音」という書き出しだと、手紙を受けとった相手もイメージをしやすいです。10月下旬にもなれば冷え込む日も増えてきますので、朝夕の寒さと相手の体調を気遣う言葉を並べることによって、心温まる素晴らしい手紙が完成します。

10月の時候の挨拶の例文

10月の季語

秋の季語の一覧【9月・10月・11月】

このページの先頭へ