12月の時候の挨拶は師走等の季語を使用するのが一般的

メールが主流になった今、手書きの手紙を受け取るとほっとする方も多いのではないでしょうか。いざ、手紙をしたためようとペンを持ったのはいいけれど書き出しはどうしたらいいのかわからず躊躇された方もいらっしゃるはずです。手紙にはルールがあります。まず、時候の挨拶から書き出しますが季節によってあいさつ文は異なります。また目上の人には改まった文体、親しい友人にはちょっとくだけた文体と相手によっても時候の挨拶を変えるようにします。日本では四季の移ろいを大切にしつつ相手を気遣う文面が好まれます。12月は師走と何かと気忙しい月になりますので目上の人に書く時候の挨拶として「歳末ご多端の折、ますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます」といった形になります。他に12月の時候の挨拶として師走、忙月、厳寒、寒気などの冬の季語を使った文章であれば問題ありません。親しい間柄の人にあてる文面としては「いよいよ冬将軍の時期となりましたがお変わりありませんか」といった形であれば好感度もアップします。手紙の書き方を詳しく紹介したマナー本も多数出版されていますので参考にしてみるといいでしょう。くれぐれも気を付けていただきたいのは文章を丸写しをしないで欲しいということです。季節はその年によって異なります。近年、温暖化の影響で冬といえども暖かい日が続くこともあります。暖冬なのにマナー本には厳冬と書かれているのでそのまま使うのはおかしいですしそのあたりはケースバイケースで変えるようにしてください。

12月の時候の挨拶

12月の季語

冬の季語の一覧【12月・1月・2月】

このページの先頭へ