閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3月の季語|手紙で使える冬の季語
  2. 2月の季語|手紙で使える冬の季語
  3. 1月の季語|手紙で使える冬の季語
  4. 季語とは?季節の挨拶でも使える美しい言葉
  5. 時候の挨拶 12月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  6. 時候の挨拶 11月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  7. 時候の挨拶 10月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  8. 時候の挨拶 9月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
  9. 時候の挨拶 8月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
  10. 時候の挨拶 7月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
閉じる

時候の挨拶にぴったりの季語や歳時記&日本の年中行事を解説

時候の挨拶 2月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あり】

手書きのお手紙やビジネスメールなどで役に立つのが時候の挨拶です。2月といえば寒さ厳しい冬真っ只中から春を迎えるという変化の大きい月ですから、そのような気候を表す季語を入れて時候の挨拶を書き出すと、赴き深いでしょう。



書き出しの文例として、厳寒の候、余寒の候、などがあります。また、徐々に春が近づいているという意味を込めて、向春の候、残寒の候、春寒の候、なども2月を表す季語を用いた書き出しとなっています。他にも、段々暖かくなってきましたという意味を込めて、梅花の候、軽暖の候、などを用いるのも良いでしょう。

文例としては、向春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます、などのように用います。書き出しの文例を多く知っておくことで、いつも同じ挨拶で退屈だといった印象を与えず、相手に良い印象を持ってもらうことができるでしょう。

また、季語を用いずに挨拶することもできます。この場合も2月の気候を汲み取ってうまく表現しましょう。たとえば、寒気も少しずつ緩み始めましたが、などのように書き出します。これはまさに軽暖の候を言い換えた表現であり、柔らかい印象を与えます。立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いております、なども使えます。さて、手紙の書き出しに気をつけたら、結びにも気を遣いましょう。

時候の挨拶に始まり、一通り用件を述べたら、まだまだ寒さが厳しいですが、お風邪など召しませぬようお気をつけください、などのように、相手を気遣う一言で手紙を終えたいものです。

2月の時候の挨拶の基本



2月は梅色月、初花月、雪解月など、春の予感に満ちた異名を持っています。実際は寒さがもっとも厳しい月ですが、雪解けを祝うような、温かな手紙を書きたいものです。

改まった漢語調の挨拶

「~の候」「~のみぎり」という形で使います。その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの一言葉が続きます。

立春
残寒
余寒
寒明け
晩冬
晩寒
残雪
暮雪
解氷
春寒

2月の丁寧な時候の挨拶(定番)



春寒の候、ますますご隆盛のことと
お慶び申し上げます。

暦の上では春立ちましたが
変わらずの厳しい寒さが続いております。

余寒なお厳しく、吐く息の白さに耐えながら
春の訪れを心待ちにしているこの頃です。
※余寒…立春(2月4日頃)が過ぎてからの寒さ。残寒ともいう。

東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが
春を知らせる季節となりました。
※東風:「こち」と読む。春に吹く風のこと。ちなみにこの季節に鳴る雷のことは春雷という。

例文(旅先でのお礼)
拝啓残寒の候、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
先日は、突然の訪問にもかかわらず、心尽くしのおもてなし、ありがとうございました。
おいしい手料理をいただきながら、本当に楽しいひとときを過ごすことができ、今回の旅の一番の思い出となりました(中略)。
最後になりましたが、春の芽吹きとともに、いっそうの幸せが訪れますことを、心よりお祈り申し上げます。
敬具

例文(先輩へのお礼)
拝啓
梅のつぼみもふくらみ始め、春の足音が近づいて参りました。お会いしてからまだ日が浅いですが、お風邪など召されてはいませんか?(中略)
先輩からのアドバイスを支えに、強い意志でこの苦境を乗り越えるつもりです。
冬来たりなば春遠からじ。
精一杯の努力を重ね、私なりの花を咲かせる決意です。どうぞ先輩も暖かく見守っていてください。桜の季節に再会できることを楽しみにしております。

自分なりの2月の時候の挨拶

少し改まった2月の時候の挨拶

晩寒の候
まだまだコートが離せない毎日ですが
いかがお過ごしですか?

節分も過ぎたとはいえ
余寒厳しい日々が続いております。
皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

初午にぎわいの中で
紅梅のつぼみを見つけました。

風花舞う向春のみぎり
冬将軍が過ぎるのを待ちながら、
ペンをとっています。
※風花…風に吹かれて舞うように飛んでくる粉雪

心なしか寒さもゆるみ
春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。

春まだ浅いこの頃ですが
いかがお過ごしでしか。

寒山明けてもなお
底冷えのする毎日が続きます。

春の柔らかな気配を
かすかに感じるこの頃。
お元気お過ごしのことと存じます。

水ぬるむ季節を迎え
皆様もお健やかにお過ごしのことと存じます。

三寒四温の侯、
暖かな日の喜びをかみしめている
今日この頃です。

寒の明けを迎えてもなお、
骨身にしみる寒さが続いておりますが
いかがおしのぎでらっしゃいますか

ひと雨ごとに春めいていくことが嬉しく
今日、花屋で黄色いヒヤシンスを買いました。

暦の上では春だというのに
風冴えかかるこの日ごろ
お身体の具合はいかがですか?

春浅さ候、いかがお過ごしでしょうか。
お伺い申し上げます。

寒さもいくぶんしのぎやすくなり
春の訪れまで、あと少しのようです。

そちらではもう春の声を
聞かれていることでしょう。
こちらはまだ一面銀世界です。

親しい人への2月の時候の挨拶

学生たちが受験を迎える季節です。
必死で問題集と格闘していた頃を
つい、思い出してしまいました。

梅の便りが届く季節となりました。
お元気ですか? 私は相変わらずです。

今年のバレンタインデー
誰と過ごすご予定ですか?
私は一人、こたつで梅見酒となりそうです。

早咲きの水仙のつぼみがほころび
私の顔までほころんでいるこの頃です。

29個の節分の豆を大切にかじりながら
この手紙を書いています。

今年二度目の大雪に見舞われ
春じたくにはまだまだ時間がかかりそうです。

春の兆しが婚しいこの頃
あなたの春も、すぐそこですね。

寒のもどりで風邪をひき
お陰で2キロほどスリムになりました。

うぐいすの初音に春の到来を感じながら
ペンをとっています。
その後、お変わりありませんか?

雪かきのシーズンですね。
白い息を吐き、汗をかきながら
頑張る姿が目に浮かびます。

春の軽やかなおしゃれが気になって、
コートが重く感じられるこの頃です。

街はすっかり
バレンタインデーの恋の色に
染まっています。

鬼は外、と大きな声で
今年も豆をまきました。
春はそこまで来ています。

例年にない大雪を
嬉しいような切ないような
不思議立気持ちで眺めています。

長かった冬も終わりを迎え
街にも、そして私達のハートにも
春がやってきそうな気配です。

お元気ですか?
スキー熱が高まり、この間はついにひとりで
遠出してしまいました。

2月の時候の挨拶の結びの言葉

まだまだ寒さが続く月なので、相手の健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。
また、春がそこまで来ている喜びや前向門きな気持ちを綴ってもいいでしょう。

2月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉

春まだ浅く、寒さ厳しき折り、
十分ご自愛ください。

掛の上では春でも、余寒はまだまだ続きます。
お身体にご留意ください。

春の足音とともに、いっそうのお幸せが
訪れますことをお祈りしております。

向春の侯 ますますのご活躍をお祈りしています。

寒のもどりもある折り柄、
お風邪などを召されませんように。

親しい方への2月の時候の挨拶の結びの言葉

春が待ち遠しい季節。
暖かくなったら、ぜひ、お出かけください。

季節は春に向かっています。
○○さんにも素晴らしい春が訪れますように。

今年のバレンタインデーこそ
勇気を出して、全力でぶつかっていきましょう。

雪日月酒に梅見酒。
近々、鍋でもつつきましょうね。

寒さなんか吹き飛ばして
そろそろ、遊びに出かけましょう

2月の歳時記

節分
もともとは、季節の分かれ目ごとに行なう行事を節分といい、病気や災害を鬼に見立てて、追い払う儀式が行なわれていました。
現在では、立春の前日だけを節分といい、「鬼は外、福は内」と叫びながら豆をまきます。
そして、残った豆を年の数だけ食べて、厄払いは完了。地方によっては、軒先にイワシの頭やニンニクを吊るして、災いから家や家族を守るという風習もあります。

節分について知りたい事が全部分かる

初午
赤い鳥居のある稲荷神社で、立春の後の最初の午の日が初午。商売繁盛や海運を願って神社に詣でることを“初午詣で”といいます。縁日で綿あめや焼きそばを食べるのも楽しみのひとつだけれど、昔からの習わしに従い、仕事の成功を願って、お稲荷様に油揚げをお供えしてみてはいかが?

針供養
関東では2月8日(関西や九州では12月8日)に、折れた針を豆腐やこんにゃくに刺し、供養する行事です。
かつては、針への感謝と針仕事の上達を祈りました。
地方によっては、色白の美人になれるよう、豆腐や大根などの煮物を食べるという風習もあります。

バレンタインデー
日本では、女性から男性にチョコレートなどの贈り物をするこの日。
もともとは、恋人の守護聖人とされる聖バレンタインにちなんで、欧米で恋人達が贈り物を交換する風習からきたものです。

関連記事

  1. 時候の挨拶 7月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【…

  2. 時候の挨拶 1月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【…

  3. 時候の挨拶 5月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【…

  4. 時候の挨拶 6月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【…

  5. 時候の挨拶 11月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう…

  6. 時候の挨拶 8月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【…

ページ上部へ戻る