buy viagra online buy valium

時候の挨拶とは?季節の手紙を素敵にしてくれる時候の挨拶

時候の挨拶とは季節の変わり目や月の変わりなどにお世話になった人や親しい人にお手紙を書く際やビジネスでお世話になっている方へのお手紙で使われる時候の挨拶、その中にはその季節の季語などをいれて贈ったお相手に季節のお知らせとしても届けることができます。

時候の挨拶とは以下の例文で言うところの
赤文字の部分が時候の挨拶
青の部分が時候の結びの言葉です

拝啓

喜びに満ちた明るいお正月をお祝いされたことでしょう。

旧年中はお忙しい中、お時間をとってくださり、本当にありがとうございました。

桜の咲く頃には、私も一社会人としての一歩を踏み出すこととなります。

これも○○様のお力添えのお陰と、深く感謝申し上げます(中略)。

今年も昨年以上のご厚情をよろしくお願い申し上げます。

敬具

時候…四季の移り変わっていく折々の天候

辞書などで調べた時に説明されているのですが、そもそも簡略化されすぎていて分かりずらいという方もいるはず

砕けた言い方で説明をすると「時候」はその時々の気象状況や気候を表すのが本来の意味です。
他のサイトなどで時候の言葉と季語がごっちゃになっているところも見かけるのですが、そもそも普段あまり使う言葉ではなくあらたまった時や、文化的な交流などに使われる時候の挨拶などの時に使われるのが一般的です。

時候の挨拶の中にも各季節ごとにはじまり方、結び方があって、普段書いているお手紙とは少し違った部分があるので、昔の人は辞書を引いたりして言葉を作ってお手紙を贈っていました。

そこで生まれた様々な季節を表す言葉の中で今でも残っている季語はとても洗練された言葉ばかりで覚えておきたいのですがその数が膨大なため、使い勝手がいいようにまとめてみました。

各月ごとにまとめています。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/viralport/austriaculture.net/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_corp_131003/single.php on line 51