閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3月の季語|手紙で使える冬の季語
  2. 2月の季語|手紙で使える冬の季語
  3. 1月の季語|手紙で使える冬の季語
  4. 季語とは?季節の挨拶でも使える美しい言葉
  5. 時候の挨拶 12月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  6. 時候の挨拶 11月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  7. 時候の挨拶 10月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文…
  8. 時候の挨拶 9月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
  9. 時候の挨拶 8月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
  10. 時候の挨拶 7月はこのような季節で違う時候の挨拶で手紙を書こう【例文あ…
閉じる

時候の挨拶にぴったりの季語や歳時記&日本の年中行事を解説

タグ:時候の挨拶

12月に手紙を書く場合には、寒さや冬の深まりを感じさせるような時候の挨拶や季語を使用すると良いです。どういった時候の挨拶や季語があるのかわからない場合には、手紙の書き方のマナー本を見て調べたり、インターネットで検索すると知ることができます。…

インターネットの普及で手紙を書く機会がすっかり少なくなったとはいえ、ちょっとした挨拶状やお礼状などを出す機会はまだまだ多いものです。そんなとき、その時期ならではの時候の挨拶や季語を盛り込んでおくと、ぐっと印象がアップします。季節感を…

普段メール等を利用する事が多い世の中ですが、時には手紙を通じて気持ちを伝えるのも良いものです。友達にカジュアルな手紙を書くのも良いですが、あらたまって時候の挨拶や季語を取り入れた手紙を書いてみる事をお勧めします。そもそも時候の挨拶と…

9月の時候の挨拶の基本台風後の美しい秋晴れ。すすきを照らす満月の光。1年の中でも清々しく過ごしやすい季節です。窓を明けて、涼風に吹かれながら一筆いかがですか?改まった漢語調の挨拶「~の候」「~のみぎり」という形で使い…

8月の時候の挨拶の基本世の中は夏休み。各地では花火大会も盛んですが、下旬になると、夏の終わりの一抹の寂しさも感じる頃。残暑お見舞いを兼ねて、風情ある手紙で好印象を残しましょう。改まった漢語調の挨拶「~の候」「~のみぎ…

7月の時候の挨拶の基本陽射しが強くなり、暑さも本格的になる7月は、女郎花月、七夕月、涼月という名前も持っています。また、土用波、入道雲、夕涼み、タなぎなど、美しい言葉が多い季節です。改まった漢語調の挨拶「~の候」「~…

時候の挨拶とは季節の変わり目や月の変わりなどにお世話になった人や親しい人にお手紙を書く際やビジネスでお世話になっている方へのお手紙で使われる時候の挨拶、その中にはその季節の季語などをいれて贈ったお相手に季節のお知らせとしても届けることができ…

6月の時候の挨拶の基本雨が多く、肌寒さと蒸し暑さを感じるこの季節こそ、さわやかな手紙を書きたいもの。瑞々しい樹木の様子や、夏を迎える喜びを綴ってみてはいかがでしょう。改まった漢語調の挨拶「~の候」「~のみぎり」と…

5月の時候の挨拶の基本5月は「早苗月」「田草月」「草月」など、生命の息吹や緑を感じさせる名前で呼ばれています。手紙でも「新緑の」「薫風」など、瑞々しい書き出しが多く使われます。改まった漢語調の挨拶「~の候」「~のみぎ…

3月の時候の挨拶の基本陽光柔らかなこの季節は、卒業や転動、結婚、引っ越しなど、公私ともに動きのある季節。別名“花見月”と呼ばれる3月、花のように艶やかな手紙もオツなものです。改まった漢語調の挨拶「~の候」「~…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る